長野市で整体と代替医療ヒーリングを統合した整体院。頭痛やめまい,肩こりや腰痛,自律神経失調症やうつ病,癌や腫瘍を治癒,緩快へと導くサポートを致します。

整体が健康を取り戻すメカニズム

体性機能障害に対してクラシカルオステオパシーによる整体は何故大きな効果を発揮できるのでしょうか。それは、理論的に解剖学をふまえた上で疾患の発生病理に対して治療を行うからなのです。

体性機能障害の原因のプロセスは、悪い姿勢、臓器の重量配分から厳密に左右対称でないための生理学的な人体の歪み、骨の圧迫、精神的なストレスによる筋の緊張などにより静脈に閉塞が生じます。すると毛細血管の内圧が高まり、細胞からの老廃物が静脈に入れなくなり局所に蓄積します。リンパ系に流れようとしますが、局所の内圧が高いため局所のリンパ系も閉塞して機能せず局所に動脈血が届かなくなり組織の虚血が生じアシドーシスが起こります。それがさらに局所の閉塞を強め神経のインパルスも障害してしまい、この障害が神経を通じて人体の広範に広がってしまうのです。

これがクラシカルオスオパシーの考える病態生理学の基礎であり、この循環器系の閉塞をいかに開放するかにかかっています。 クラシカルオスオパシーによる整体は、全身に対するソフトな触覚刺激とリズミカルな振動を利用し大脳辺縁系にアプローチします。刺激が心地よいと視床下部に作用して胸髄を経て交感神経により大小内臓神経に伝えられ、基礎代謝の甲状腺ホルモン、ストレスに体が反応する副腎髄質からのアドレナリン、ACTHによって副腎皮質から分泌されるコルチゾール、これらのホルモンの分泌を通じて全身の全身の緊張度が低下するのです。また、迷走神経、骨盤内臓神経の副交感神経を活性化することで全身の筋肉の小動脈に対するリリースも起こります。その結果、筋膜の間を動脈、静脈、神経、リンパ管が通過するため、全身の筋膜のねじれをとることによって、リンパ液、静脈の還流、動脈と神経の供給を改善へと導くのです。

全身の穏やかでリズミカルな整体によって、
①骨格、筋膜、靭帯
②交感神経、副交感神経
③胸腔、腹腔、

これらのバランスを整え、身体の各所の隔膜を緩め、胸郭の運動、呼吸機能を正常化し、胸腔内圧を吸気時に陰圧になるようにすることで静脈とリンパの体循環器系が改善されます。そうすると解毒のシステムが改善され、疾患を予防することができるのです。「全ての病気の始まりは生理学的な過剰適応状態であり、それが病理学的変化の始まりである。各所の神経が互いに関連しているからであり、健康な人が病気になるプロセスが重要である。」とクリス・バッテンD.O.が述べているように、クラシカルオスオステオパシーは、局所の症状をコントロールするのではなく、原因、プロセスに対する生理学的な治療だからこそ体性機能障害に対して大きな効果が発揮できるのです。 また、他に類のない人体力学や、人体を一つのユニットと捉えるその哲学には、精神、魂も一つということも含まれ、まだまだ奥の深い医学なのです。

テンセグリティーと整体

テンセグリティーの写真

テンセグリティーとは、1948年、D.バークミンター・フラーによって考え出された構造エネルギー的概念で、張力(tension)と統合(integrate)を組み合わせた造語です。 これは張力と圧縮力の2つの力の釣り合いによりバランスをとる構造システムです。テンセグリティーは地球上のあらゆる生命がもつ構造であることが科学的に証明されています。 人間の身体も紛れもなくテンセグリティーなのです。206個の骨がバラバラにならず垂直に立って安定しているのは筋肉や腱、靭帯による張力があるからです。これらの張力を圧縮力に 耐える骨が受けとめ、全体として複雑なテンセグリティー構造を作って体を支えているのです。
なぜ人体は張力線によるバランスがとれた構造なのでしょう。それは重い頭を最も高い所に一本の脊椎で支えるという構造だから張力線による支えがなければ支えられないからであると考えられます。 テンセぐりティーの概念から、人体の疾患の発生について考えてみます。力学的バランスがとれた中立位ではある程度のストレスが加わっても吸収することができるいわば生命力の高い状態です。 力学的バランスが中立位の時、骨盤、脊椎は中立位で機能し、各臓器(筋骨格系と内臓)が協調するようになると考えられます。しかし、力学的にひずんだ非中立位では同じストレスを吸収できず破綻してしまいます。非中立位によるストレスに耐えるキャパシティーの減少が疾患の発生の原因になると考えられます。
クラシカル・オステオパシーによる全身整体は歪んだ人体のテンセグリティー構造を穏やかに調整し人体のリズムを再構築します。構造が中立位に整うとことで健康的な生理機能がぐんぐん動き出すのです。

本場の英国のクラシカルオステオパシー大学で学んだ基礎医学に基づいた徒手療法を長野市で整体としてお受けいただけます。

オステオパシー医学の整体と自然治療に関するご質問は長野オステオパシックサロンまで

社名
ナガノオステオパシックサロン
所在地
〒388-8004 長野市篠ノ井会234千歳屋ビル1階
電話
026-213-6578
URL
http://healing-osteopathy.com/

PAGE TOP